キャラクター紹介

ひかり

まい

もみ

早苗

芽衣

ほのか

みのり

おこげ

かまのすけ

米神女王/
暴魔(ボウマ)


越野ひかり

10才 | 四女

この作品の主人公。
真面目で責任感と正義感のしっかり者。性格が優しいので、いつもトラブルを押しつけられてしまう。母親がいなくなってから、家事全般をひかりがやってきた。霊力はテレパシー。人の心を読み解くことができる。自分には霊力はないと思い込んでいるのだが、本当はもっとも強い霊力をもっている。その力はまだ解放されていない。 家庭的な料理が得意。

越野まい

8才 | 六女

あわてんぼうで、早とちり、ファッションとお祭が大好きな元気者。おしゃべりで、人の悪口を言うのが、大好き。霊力は、雷(電気)をあやつる力。
和食が得意。

越野もみ

8才 | 五女

まいとは双子。こだわりが強く、オタク気質。妄想癖があり、自分の世界に入るとなかなかもどってこない。自分の興味のあることに関しては猛烈なおしゃべり。人に嫌われるのが嫌なので、悪口を言うまいとはすぐに対立してしまう。霊力は、風を操る力。
お菓子やスイーツ系が得意。

越野早苗

14才 | 長女

おっとりしていて頼りにならない。頭は良くて、知識は豊富。天然ボケキャラである。勉強はできるので、妹たちの家庭教師代わりをしている。霊力は、炎をあやつる力。ジャンクフード的な料理が得意。

越野芽衣

12才 | 三女

勝ち気な、ナルシストの自分大好き少女。可愛らしいが、性格は可愛くない。ファッションにうるさく、金遣いが荒い。霊力は、水を操る力。
フレンチなど、洋食系の料理が得意。

越野ほのか

5才 | 七女

ボーとしているように見えるが、実はいろいろ考えている。無口だが、ときおりズバリと正鵠をついた一言を言う。ある意味、毒舌家。臆病で、ときおり固まってしまう。姉たちからは可愛がられている。霊力は、パワー。怪力少女。まだ調理は下手だが少しづつ中華料理に目覚めていく。

越野みのり

13才 | 次女

マイペースでクールな性格。面倒くさがりで自分勝手。気まぐれで、すぐに一人でキャンプなどに行ってしまう癖がある。霊力は、念動力がある。それを使っての空中浮遊など可能。自然を活かしたアウトドア料理に強い。

おこげ

10才

ひかりのライバル。鬼山(きやま)おこげが本名。なにかと越野家を敵対視している。その中でも最もひかりをライバル視していて、対抗してくる。勝ち気で、負けず嫌い。アネゴ肌。イケメン好き。コメカミを目の敵にしている暴魔の一員。嗅覚にすぐれている。

かまのすけ

14才

おこげの兄的存在。彼も暴魔の一員で、鬼山かまのすけを名乗っている。おこげとは実の兄弟ではないのだが、世間的には、兄としてふるまっている。霊力は、料理メカを作る能力とスピード。
イケメンで、もてるのだが、おこげ以外の女性には目もくれない。シスコンである。

米神女王

現在の米神女王の名は、ハナサヒメという。聖霊界の女王の資格を持つ。 このハナサヒメこそ、この物語の主人公たち七姉妹の母親。 ハナサヒメは地上で人間として生き、七人姉妹の母親になっていたのだがほのかを産んですぐに失踪してしている。

暴魔(ボウマ)

精霊界で悪事を働き、追放された暴魔王メフィラスから、霊力を授けられ配下になった人間のこと。おこげやカマノスケは某魔である。

声優紹介